コインランドリー刑事の捜査日誌

コインランドリーという聖地へ、洗濯機を求め、乾燥機を求めさまよう…

総合卸問屋FORTUNE

捜査日誌

コインランドリーで忘れ物をしないための裏技を大公開~!!の巻

投稿日:

今日は「コインランドリーで忘れ物をしないためのとっておきの裏技」をお教えしましょう。
コンイランドリーオーナーのお悩みの中で、よく聞くのが「お客様の忘れ物の保管」です。
コインランドリーでお客様が持ち帰るのを忘れてしまうもの第一位は、「靴下の片方」。
一度でいいから両方忘れているのを見てみたい・・・というのは冗談ですが、「片方の靴下」はコインランドリー業界でダントツトップの忘れ物率を誇ります。
もちろん、利用者側だって「せっかく楽をしようとコインランドリーに行ったのに、お気に入りの靴下をなくしてしまった」という悲しい想いはしたくないですよね。

「大型コインランドリーリリウォッシュ菊川1丁目店」(東京都墨田区)の忘れ物保管期限表示
「大型コインランドリーリリウォッシュ菊川1丁目店」(東京都墨田区)の忘れ物保管期限表示

コインランドリー側では、保管期限を設けてお客様に忘れ物を引き取ってもらうのを促している店舗もあります。
たとえば、「大型コインランドリーリリウォッシュ菊川1丁目店」(東京都墨田区)では忘れ物コーナーに保管期限を10日間としている事を店内にて表示しています。
さて、なぜ「靴下の片方を忘れてしまう」のでしょうか。
それは、あたりまえですが洗濯が終わって衣類を取り出す際に「全て取出したか、洗濯ドラムをよく確認していない」からです。
では、どうすれば洗濯ドラムをちゃんと確認できるのか。
腰をかがめて、ドラム内をのぞきこむよりも簡単で確実な方法があります。

衣類を全部取出したら、ドラムを手で回転させる
衣類を全部取出したら、ドラムを手で回転させる

それは、

  • 衣類を全部取出したら、ドラムを手で回転させる

です。
ドラムを手で少し回転させると、引っかかっていた残りの衣類が落ちてきます。
特に小さくて見落としがちな靴下がドラムの突起に引っかかっていたりしますので、この方法は有効です。
みなさまも、もう片方になってしまった悲しい靴下がこれ以上増えないよう、ぜひお試しを。
ではまた明日。

Googleアドセンスレスポンシブfrom20170329




Googleアドセンスレスポンシブfrom20170329




投稿記事の下に一括表示




-捜査日誌

Copyright© コインランドリー刑事の捜査日誌 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.