コインランドリー刑事の捜査日誌

コインランドリーという聖地へ、洗濯機を求め、乾燥機を求めさまよう…

総合卸問屋FORTUNE

捜査日誌

コインランドリー用洗剤・漂白剤の「newクリアーパック」は全部で何種類あるんだ~の巻

投稿日:

エスワイシー株式会社(東京都墨田区)から販売されている「newクリアーパック」、第二回です。
「newクリアーパック」には高性能濃縮無りん洗剤と色柄もの用酸素系漂白剤の2種類があります。
前回は洗剤の最も容量が多い「newクリアーパック36」を取り上げましたが、今回は容量が少ないバージョンの「newクリアーパック20」と、漂白剤の「newクリアーパック15」です。
商品名はどちらも「newクリアーパック」だけど後ろの数字で中身が違うところは、BMWやアウディなどの欧州車っぽいネーミングの法則ですね。
あとマツダ車も海外だとデミオが「マツダ2」とかアクセラが「マツダ3」とか呼ばれてますね。
外人はマスコットネームが好きじゃないのかなあ。
でも台風には名前付けますよね、うーん分からないなあ。

newクリアーパック20とnewクリアーパック15
newクリアーパック20とnewクリアーパック15

入手価格は洗剤の「newクリアーパック20」が30円、漂白剤の「newクリアーパック15」も30円でした。
パッケージを見てみましょう。カラーリングはnewクリアーパック20がブルーとレッドの2色刷り、newクリアーパック15がエメラルドグリーンとレッドの2色刷り。
側面は「newクリアーパック20」の左「少量で強力パワー!!」、右は「除菌剤配合!!」、「newクリアーパック15」はどちらの側面も「衣類の漂白と除菌に!!」と印刷されています。

「除菌剤配合!!」
「除菌剤配合!!」とビックリマークが2つもある側面の文字

中を取り出してみると、箱のカラーリングと同じ色の文字で「new type CLEAR PACK」と印刷された薄いビニール袋に粉が入っています。
ここで新しい事が分かりました。「newクリアーパック」のnewは「new type」のnewだったのです。
ニュータイプ。Google翻訳すると新しいタイプ。
あまりに昔から「newクリアーパック」だったので、てっきり「けんちゃんラーメン新発売」の仲間だと思っていましたが、やはり新製品の意味だったのです。

new type CLEAR PACK
new type CLEAR PACK

もしも箱を捨ててしまい、中身だけになっても安心です。
なぜなら、色で洗剤か漂白剤かが区別できるからです。
青の文字で「new type CLEAR PACK」と印刷されていれば、洗剤。
緑の文字で「new type CLEAR PACK」と印刷されていれば、漂白剤。
さらに、紫の文字で「new type CLEAR PACK」と印刷されていれば、それは前回取り上げた「newクリアーパック36」です。
もう覚えましたね?
これであなたのコインランドリーのムダ知識が一つ、増えました。
おめでとうございます。

newクリアーパック20の重量は20.3グラム
「newクリアーパック20」の重量は20.3グラム

洗剤・「newクリアーパック20」の箱の裏に書いてある正味量は18グラム。
実際に計ってみると20.3グラムなので、だいぶ多い事が分かりました。
推奨している使用量は「水60リットルに対して18g(1袋)」と書いてあります。
「newクリアーパック36」(33g入り)には「水60リットルに対して33g(1袋)」と書いてありますから、結構アバウトですね(笑)

newクリアーパック15の重量は15.4グラム
「newクリアーパック15」の重量は15.4グラム

一方、漂白剤の「newクリアーパック15」は15.4グラム。
箱に書いてある正味量は15グラムですから、こちらはきっちり正確な量です。
使用量は「35リットルの水に15g」です。
どちらの箱にも「標準容量4.0kg」と書いてますから、「newクリアーパック20」の標準使用量の印刷がケアレスミスなんでしょうね。

朝日湯(東京都台東区)の洗剤自動販売機
朝日湯(東京都台東区)の洗剤自動販売機

ところで、エスワイシー株式会社の洗剤類は、だいたいこの4種類のラインナップで販売されているのが普通です。
洗剤の「newクリアーパック36」と「newクリアーパック20」、漂白剤の「newクリアーパック15」、そして次回取り上げる柔軟剤の「Dry Soft」。
ですから、「newクリアーパックシリーズ」はてっきり3種類しかない、と思っていたのです。
しかし、過去に撮影した画像を点検していたら・・・

「コインランドリーアカリ」(東京都豊島区)の自動販売機
「コインランドリーアカリ」(東京都豊島区)の自動販売機

これは雑司が谷に1979年からある老舗の「コインランドリーアカリ」(東京都豊島区)さんの自動販売機なのですが、さすが年季が入ってますね。
でも直射日光が当たらないのか、貼ってある紙も含めて状態はとても良いです。
白のボディの漂白剤販売機に貼ってある紙から、「クリアーパック15」が玉の肌石鹸株式会社製であることが分かります。
そして、そのとなりの青のボディの自販機に貼ってある「new typeクリアーパックシリーズ」の案内には、衝撃の事実が!!

漂白剤「クリアーパック25」が存在することが判明
漂白剤「クリアーパック25」が存在することが判明

なんと、「クリアーパック15」の兄貴分、「クリアーパック25」が存在することが判明。
見た事ないんですが、まだこの世に存在する商品なのでしょうか。
ああ、見てみたい!
ということで、まだ見ぬ「クリアーパック25」を求めて正月の街をさまようデカなのでした。

Googleアドセンスレスポンシブfrom20170329




Googleアドセンスレスポンシブfrom20170329




投稿記事の下に一括表示




-捜査日誌

Copyright© コインランドリー刑事の捜査日誌 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.