コインランドリー刑事の推理日誌

Pacific blueってどんな色?

総合卸問屋FORTUNE

捜査日誌

ユニークな店名表記のコインランドリーの巻

投稿日:

私がコインランドリー巡りにはまった理由はたくさんありますが、その一つが「店名がない」というところです。
ご商売をされている方なら「屋号」ともいいますね。
たとえば、「コインランドリー●●」の「●●」の部分の表示がなくて、「コインランドリー」とだけ表示されているお店が多いです。
あとは営業時間や定休日の表示。
店舗の表から見える範囲には、たいていこの3つしか表示はありません。
さらに言えば、「コインランドリー」という「何屋さんだよ」という表示さえもない店舗も多いです。
つまり、表からは文字情報が一切ないわけですね。
これは本当に珍しいと思います。
普通はなにかしら書いてますよね、無人営業なのも含めてつくづくコインランドリーは特殊な形態の業種だと思います。
さて、今日はそんなユニークなコインランドリーの中でも、さらにユニークな表記のコインランドリーを2つご紹介したいと思います。

大型コイソラソドリーファミリー鹿浜店(東京都足立区)
大型コイソラソドリーファミリー鹿浜店(東京都足立区)

まずは「大型コイソラソドリーファミリー鹿浜店」(東京都足立区)です。
環七通りの鹿浜橋の足立区側のたもとにあります。
ちなみにこの付近は脇道から環七通りに合流する場所で一時停止違反の取締をしょっちゅうやってます。
この「大型コイソラソドリーファミリー鹿浜店」は「コインランドリー」ではなく、「コイソラソドリー」、つまり「ン」が「ソ」になっています。
かつてテレビ朝日で放送されていた、ナニコレ珍百景でも取り上げられたお店。
はっきりと「ソ」に見えますよね、面白いなあ。

こいんらんどりー(東京都文京区)
こいんらんどりー(東京都文京区)

続いては昨年の夏にOPENした「こいんらんどりー」(東京都文京区)です。
こちらのお店は、ひらがなで「こいんらんどりー」と書かれています。
これは本当に珍しい表記で、東京都内ではこの店舗のみの確認と極めてレアなケースです。
ひらがなで書かれていると、ちょっと愉快な気分になるコインランドリーです。
いかがでしたか、ユニークな表記のコインランドリー。
他にも変な表記のコインランドリーがないか、土曜日の都内をさまよってきます。
ではまた明日。

Googleアドセンスレスポンシブfrom20170329




Googleアドセンスレスポンシブfrom20170329




投稿記事の下に一括表示




-捜査日誌

Copyright© コインランドリー刑事の推理日誌 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.